BUYひろしま

ホーム > 伝統的工芸品紹介 > 熊野筆

経済産業大臣指定伝統的工芸品

くまのふで


熊野筆


現在,熊野町では毛筆,画筆,化粧筆などが主に生産されています。戦後,毛筆の技法を活かして本格的に生産され始めた画筆,化粧筆は毛筆とともに全国一のシェアを占め,欧米など海外にも多く輸出されています。

熊野筆事業協同組合
住所:広島県安芸郡熊野町中溝三丁目13-19
電話:082-854-0074

熊野筆~穂首作り~

筆を作る作業は,70以上の工程を一つ一つ職人の手作業で行っています。「筆の穂首」匠(たくみ)の技術をごらん下さい。



熊野筆~軸作り~

筆を作る作業は,70以上の工程を一つ一つ職人の手作業で行っています。「筆の軸」軸の工程をごらん下さい。



熊野筆~完成~

筆を作る作業は,70以上の工程を一つ一つ職人の手作業で行っています。「筆の銘彫刻・くり込みから完成」輝く熊野筆をごらんください。



筆先から世界中に伝わる職人技 熊野筆

筆の都,熊野町。筆まつりでは1万本の筆で飾りつけられた榊山神社で,筆の市や筆供養,畳20畳分の大作席書,競書大会などが行われます。筆の里工房では筆作りの実演,筆作りなど体験講座を紹介し,世界へ羽ばたく熊野筆の魅力とその文化にせまります。



撮影協力:熊野筆事業協同組合

広島筆産業株式会社