BUYひろしま

ホーム > 伝統的工芸品紹介 > 福山琴

経済産業大臣指定伝統的工芸品

ふくやまこと


福山琴


全国生産量の70%を占め,楽器として初めて伝統的工芸品に指定された福山琴。福山琴の歴史は,1619年,水野勝成が福山に城を築いたころに始まると言われ,歴代藩主の奨励(しょうれい)もあって江戸時代の城下町では,歌謡,音曲(おんぎょく)が盛んに行われました。 江戸の終わり,文化年間には京都で箏曲(そうきょく)を伝授された,琴の名手,葛原勾当(くずはらこうとう)が帰郷して備後・備中で活躍し,福山琴の名を高めたといわれています。

福山邦楽器製造業協同組合
住所:広島県福山市西町二丁目10-1
   福山商工会議所内
電話:084-921-2349

福山琴

1200年以上の歴史を持つ楽器,琴。それを支える人々がいる。琴の優れた音色,木目の美しさ,装飾の華麗さは琴師の熟練技術によって生まれています。



新しい箏曲の誕生を願って 日本の伝統 美しい音色 新福山箏

従来の琴より短くて使いやすい新福山箏の開発により,身近な存在となった琴。触れてみてください。その良さを実感できます。



撮影協力:福山邦楽器製造業協同組合