BUYひろしま

ホーム > 伝統的工芸品紹介 > 一国斎高盛絵

広島県指定伝統的工芸品

いっこくさいたかもりえ


一国斎高盛絵


一国斎は,尾張藩士中村市郎右衛門を祖とし,二代一国斎が江戸時代末期に広島に移住,三代一国斎とともに研究を重ねた末,現在の漆芸技法高盛絵を創作した。漆器,木地製品を素材として,花,虫類等を漆で盛り上げて描いた高肉の漆工芸である。

七代金城一国斎
住所:広島県広島市中区江波東二丁目4-22
電話:082-292-9699

一国斎高盛絵 一子相伝の技法

広島県指定伝統的工芸品「一国斎高盛絵」。七代,金城一国斎のインタビューを交え,一子相伝で伝えられてきた高盛絵の技法で創られていく,歴代金城一国斎の作品の魅力をご紹介します。